端末とセットでお得な格安sim・mvno

スマートフォンは新しい時代のマストアイテムです。プライベートシーンでの活躍は勿論の事、最近では職場でも必需品となりました。仕事用のアプリを使える端末が無ければ仕事が出来ません。IDカードの代わりに、スマートフォンのアプリで個人認証をする組織も増えて来ており、第二の身分証明書となりました。

そんなスマートフォンですが、難点は維持費が高い点でしょう。大手キャリアは軒並み維持費が高く、生活必需品としてはランニングコストの高さが気掛かりです。食費や光熱費がここ数年は高騰が進んできており、出来れば通信費だけでも節約したいと切に考えている人々は多いはずです。

大手携帯電話会社との契約期間が終わりを迎えようとしている方は格安simを提供するmvnoサービスに乗り換えてみましょう。既に多くの社会人がmvnoサービスに乗り換えており、維持費の大幅節約に成功しています。

格安simのカードと端末がセットになったお得な新規契約プランが用意されており、別途スマートフォンやタブレットの代金を支払う必要がなく、合計金額は大幅に安くなっているのが利点です。

あらかじめ端末の種類が限定されている格安sim契約のプランも多いですが、最近では豊富な種類の端末を自由に選べる新型プランも用意されています。mvnoサービス最大の長所は維持費が安くなる事で、今まで最安値でも月々五千円から一万円前後掛かっていたスマートフォンの基本料金が、mvnoに乗り換える事で月額最安千円から三千円程度まで圧縮可能です。

加えて大手IT企業が運営するmvnoサービスであれば、同社のECサイトやネット利用で貯めたポイントで、スマートフォンの月額料金が支払える等、お得なメリットがあります。

スマートフォンだけではなく、タブレット端末を選べるmvnoもあり、格安simなら今現在の携帯電話の契約を続けながら、新しく別途タブレットを買い足しても経済的です。

最安値で使える格安sim・mvno

格安simを利用する最大のメリットはスマートフォンの月額料金を安くできることにあります。ここでは一般的なスマートフォンユーザーが利用する通話sim(3GB)、そして大手キャリアよりも割安で利用できると評判の大容量プラン(20GB以上)の2つに絞り、最安値の格安simを販売するmvnoはどこなのかについて迫ります。

通話sim(3GB)プランを最安値クラスで販売しているmvnoとして、「ロケットモバイル」が挙げられます。月額1,400円で利用することが可能です。余ったデータは翌月に繰り越すことができることやポイントが使える点など、安価ながらもサービスは充実しています。弱点があるとすれば端末とのセット販売や、電話サポートがないなどが挙げられます。サポート面も少充実させたいのであれば、「DTI」や「DMMモバイル」が有力な選択肢となるでしょう。DTIは月額1,490円、DMMモバイルは同じく1,500円で利用することが可能です。特にDMMモバイルは端末の販売サービスも行っているため、新しくスマートフォンを所有したいと考えるユーザーにおすすめです。

続いて、大容量のデータ格安simを最安値クラスの価格で販売するmvnoを確認しておきましょう。最も有力な候補となるのが「U-mobile」の月額2,380円です。余裕の容量の25GBまで利用することができ、回線速度も安定しているのが特徴です。また、3日間の通信量に伴う速度制限もありません。したがって、動画やゲームなどもたっぷりと利用することが可能です。大容量プランは格安simでも4,000円から5,000円前後で販売されているケースがほとんどであるため、U-mobileは破格の値段であることがわかります。なお、U-mobileでは通話機能を加えたとしても月額2,880円で利用することができます。

以上が最安値クラスで利用できる格安simを簡単にまとめたものです。料金を抑えたいという方は、ぜひ、チェックしてみてください。