最安値で使える格安sim・mvno

格安simを利用する最大のメリットはスマートフォンの月額料金を安くできることにあります。ここでは一般的なスマートフォンユーザーが利用する通話sim(3GB)、そして大手キャリアよりも割安で利用できると評判の大容量プラン(20GB以上)の2つに絞り、最安値の格安simを販売するmvnoはどこなのかについて迫ります。

通話sim(3GB)プランを最安値クラスで販売しているmvnoとして、「ロケットモバイル」が挙げられます。月額1,400円で利用することが可能です。余ったデータは翌月に繰り越すことができることやポイントが使える点など、安価ながらもサービスは充実しています。弱点があるとすれば端末とのセット販売や、電話サポートがないなどが挙げられます。サポート面も少充実させたいのであれば、「DTI」や「DMMモバイル」が有力な選択肢となるでしょう。DTIは月額1,490円、DMMモバイルは同じく1,500円で利用することが可能です。特にDMMモバイルは端末の販売サービスも行っているため、新しくスマートフォンを所有したいと考えるユーザーにおすすめです。

続いて、大容量のデータ格安simを最安値クラスの価格で販売するmvnoを確認しておきましょう。最も有力な候補となるのが「U-mobile」の月額2,380円です。余裕の容量の25GBまで利用することができ、回線速度も安定しているのが特徴です。また、3日間の通信量に伴う速度制限もありません。したがって、動画やゲームなどもたっぷりと利用することが可能です。大容量プランは格安simでも4,000円から5,000円前後で販売されているケースがほとんどであるため、U-mobileは破格の値段であることがわかります。なお、U-mobileでは通話機能を加えたとしても月額2,880円で利用することができます。

以上が最安値クラスで利用できる格安simを簡単にまとめたものです。料金を抑えたいという方は、ぜひ、チェックしてみてください。